投資まるわかり入門ガイド

これを知らなきゃはじまらない NISA6つの基礎知識

NISAとは?
NISAとは「少額投資非課税制度」のことで、2014年1月から導入された新しい税制優遇制度です。 通常、株式や投資信託の売買益や配当金・分配金には約20%の税金がかかりますが、このNISAでは「毎年120万円(2015年までは100万円)を上限とする新規購入分を対象に、その分配金・配当金や売買益等が最長5年間非課税」となります。NISAで非課税の対象となるのは、株式と株式投資信託の配当金・分配金および売買益等です。 NISAとは?
NISAの魅力
毎年120万円を上限とするNISA口座での株式や株式投資信託の新規購入分の配当金・分配金や売買した際の利益が、最長5年間非課税となります。配当金や売買益等の額に制限はありません。例えば、120万円で買った株式が、翌年に520万円になった場合、通常は利益400万円の20.315%の約81万円が税金として徴収されますが、NISAでのお取引であれば非課税です。また、5年間の非課税期間を活かし、コツコツと運用をしたいという方にも向いている制度です。 NISAの魅力
NISAの魅力~カブコムでNISA口座を
開設すると3つの特典付き
カブドットコム証券でNISA口座を開設すると、全ての方が以下3つのキャンペーンの対象となります。
①NISA以外の取引でも現物株式の取引手数料が最大5%割引
②2016年9月末までにNISA口座を開設されたお客様全員に500円をプレゼント
③NISA口座における株式の買付手数料が無料
NISAの魅力~カブコムでNISA口座を開設すると3つの特典付き
NISAで気をつけることは?
(口座開設前~取引前)
NISAで購入した株式の配当金を非課税にするには、配当金を証券会社で受け取る方法(株式数比例配分方式)に設定する必要があります。
年間120万円の投資枠を翌年に繰り越すことや、NISA口座内で発生した損失と通常の課税口座(特定口座・一般口座など)の利益との損益通算・譲渡損失のメリットを受けることはできません。
また、非課税期間の5年間が終了する際には、次のNISA口座へ引継ぐか、一般/特定口座へ移管することになります。
なお、移管は移管日の時価で行われます。NISAで運用した資産が150万円へ増加した場合、NISA口座への引継ぎは120万円までとなり、残りの30万円は、課税口座への移管となります。 NISAで気をつけることは?
お金はいくら必要?コストは?
NISA利用については最低金額は定められていませんが、NISAの限度枠は、年間最大で120万円までの株式、投資信託の買付に限られています。また、この120万円の投資枠の範囲内での分散投資(例えば、A銘柄20万円、B銘柄30万円、Cファンド30万円)も可能です。その他必要なコストは、株式や投資信託にかかる取引手数料や信託報酬等です。 お金はいくら必要?コストは?
NISAでの取引のはじめ方
NISAをはじめるには、まず証券会社・銀行などの金融機関で証券口座の開設が必要です。その後、NISA口座を開設します。なお、NISA口座は一人につき1つの金融機関でしか申込・開設できません。また、NISA口座開設の際には、原則「住民票の写し」が必要となりますのでご注意下さい。NISA口座開設は、税務署の審査にお時間がかかります。NISA口座開設後に、銀行から証券口座にお金を入金すれば、NISA口座での注文が可能になります。(2015年12月現在) NISAでの取引のはじめ方
カブドットコム証券が取り扱うNISAの魅力をご紹介します。
幅広い商品ラインアップ!
ネット証券唯一株式積立が
NISAに対応
株式買付手数料が無料!
通常手数料も最大5%割引の
「NISA割®」をご用意
NISA専用ダイヤルで
初心者の方にも安心!
口座開設・管理料は無料!まずは口座を開いてみませんか?

ページの先頭へ戻る

口座開設はこちら