システムエンジニア 山口雅樹

ワンフロアーならではの一体感の中、1年目から責任ある開発を。

システム部門に新卒で入社したのは私が初めて。それでも、バディーと呼ばれる教育担当の先輩を始め、周囲からのサポートを受けながら、電話自動対応システム(IVR)の大規模改修や配信サービスの新規システム開発等、責任ある仕事を1年目から任せてもらえました。また、仕事と並行して資格取得にも力を入れ、基本情報技術者と応用情報技術者を取得。現在は情報セキュリティスペシャリスト試験に挑戦しています。さらに、技術系以外にも、証券外務員2種、1種と、内部管理責任者、金融先物取引外務員といった金融系の資格も取ることができました。ITと金融の2つが融合したネット証券に興味を持ち、カブドットコム証券に入社した自分にとってはまたとない環境です。

今年の4月からは、発注系と呼ばれる取引関連のシステム開発を行うチームに配属となりました。まだコアとなる所には携われていないのですが、お客様が直接触れる発注ページの開発にも設計段階から関わりたいと思っています。そのためには、商品知識だけでなくお客様の意識の流れ等も理解しなければいけません。さらに、業界トップクラスの高速取引を実現しているカブドットコム証券では、ミリ秒単位の速さを意識した開発が求められます。コードの書き方はもちろん、DBからどのようにデータを持ってくるか等、常にパフォーマンスを追求していくスキルが欠かせません。だからこそ、まずは優秀な先輩達に少しでも早く追いつきたいと思っています。みんな新しい技術への興味関心が高く、画期的な機能等を自分の力で実装してしまうようなエンジニアばかりです。

私がカブドットコム証券で一番いいと思うのは、社長も含め社員全員がワンフロアーに席を並べていること。同じシステム部門の優秀な先輩達からだけでなく、他の部門の人達からも刺激を受けることができるからです。それこそ社長が自分の席にやってきて「最近どう?」と声をかけてくれたり、そのまま雑談したりすることもあります。部門を超えて一体感があることはもちろん、自分が挑戦したいこと等を社長に直接提案したりもできる環境です。

山口雅樹

システムエンジニア山口雅樹

大学院の情報メディア工学科を修了後、2012年にカブドットコム証券入社。システム部の開発課に配属となり、システムエンジニアとして発注系システム開発を担当している。(所属部署は取材時)

戻る
トップに戻る
採用情報トップ 募集概要 システムエンジニア 営業・マネージャー