取扱商品

  1. ホーム > 企業・IR情報 > 会社沿革

会社沿革

2016年(平成28年)
3月 三菱UFJモルガン・スタンレー証券とソフトウェア開発委託契約を締結
1月 銀行代理業での「住宅ローン」の取扱開始について
1月 「kabu.com Fintech-Lab」の設立
2015年(平成27年)
12月 「プレミアム積立®」サービス開始
11月 現物株式手数料改定(少額約定金額帯の手数料引き下げ)
7月 1:2の割合による株式分割を実施
6月 未成年証券総合口座の受付開始
5月 「kabuステーション®」の最新機能として「予想売買高急増ランキング」をリリース
4月 親会社及び主要株主が三菱UFJ証券ホールディングス株式会社に異動
2014年(平成26年)
11月 「JPX日経インデックス400先物」を上場初日より取扱い開始
新発注基盤「RAIDEN™」の全面稼動開始
10月 投信ポイント制度「毎月ポイント」の開始
7月 「kabuステーション®」の時価配信に東証FLEXFullを全面採用
4月 当社イメージキャラクターに稲垣吾郎さんを起用
1月 株式会社ソーシャルトレードとの金融商品仲介サービスを開始
NISA(少額投資非課税制度)口座の取扱開始
2013年(平成25年)
10月 新川営業所の開設
6月 じぶん銀行に店頭FXシステム基盤をASPとして提供開始
3月 外貨入出金サービスの提供開始
2012年(平成24年)
12月 株式会社じぶん銀行との金融商品仲介業務の開始
「シストレFX」の提供開始
8月 信用大口取引向けプラン「信用プラチナプラン」、「信用ゴールドプラン」の新設
4月 kabu.com APIの提供開始
2月 返済期限最長13日間の売建専用一般取引(売短)の取扱開始
2月 現物株式手数料体系の全面改定
2011年(平成23年)
12月 「外国債券」取扱開始
11月 「取引所CFD(株365)」取扱開始
10月 私設市場(kabu.comPTS)の業務終了
7月 「くりっく365」取扱開始
4月 有価証券オプション(愛称:かぶオプ)取扱い開始
2010年(平成22年)
12月 自社開発トレーディングツール「kabuステーション®」提供開始
11月 上場デリバティブ手数料無料商品(「フリワラ®」)の取扱開始
10月 円/外貨統合型の24時間オンライン勘定系自社製システム導入
「外貨建MMF」取扱開始
私設市場(kabu.comPTS)の日本証券クリアリング機構(JSCC)に関する変更認可の取得
9月 「大証FX」取扱開始
8月 取次処理速度を保証する手数料体系(「1秒保証」)の導入
7月 私設市場(kabu.comPTS)の日本証券クリアリング機構(JSCC)に関する変更認可の取得
6月 「フリーETF(特定のETFの売買手数料を無料とするサービス)」提供開始
「電子口座開設」サービス開始
4月 1単元を100株とする単元株制度を採用
第二種金融商品取引業の登録
2009年(平成21年)
10月 「CME日経225先物(夜間先物取引)」の取扱を主要ネット証券最低手数料で開始
6月 国内金融機関初、事業継続マネジメントシステムの国際規格「BS25999-2:2007」認証取得
5月 本社オフィスを経団連会館に移転
4月 国内証券初、個人投資家向けに自動最良執行注文を提供開始
24時間オンライン勘定システムの稼働を開始
2008年(平成20年)
11月 株式会社ジャックスとの金融商品仲介業務の開始
10月 業界初!最新技術を駆使した移動営業所により証券窓口サービスを全国展開
9月 「上場カバードワラント」取扱開始。上場デリバティブ取扱数はネット証券最多を継続!
株式会社イオン銀行と「金融商品仲介サービス」を開始
7月 株式会社中京銀行と「金融仲介サービス」を開始
6月 Tdex(「ミニTOPIX先物」「東証REIT指数先物」「TOPIX Core30先物」)取扱開始
5月 苦情対応マネジメントシステムの国際規格「ISO10002:2004」への適合宣言
株式会社泉州銀行(現 株式会社池田泉州銀行)と「金融商品仲介サービス」を開始
3月 kabu.comPTSの取引時間拡大(国内PTS最長となる連続15時間39分の取引時間)
証券5社・三菱東京UFJ銀行とPTS評議会設立
2月 「スーパー証券口座」の展開開始。貸株サービス(年率0.50%)の開始
2007年(平成19年)
12月 コーポレートカラーを赤色「MUFG Red」に変更
11月 「倫理法令遵守マネジメント・システム規格 ECS2000v1.2」の導入
9月 夜間取引市場「kabu.comPTS」に三菱UFJ証券など4証券が取引参加開始
8月 銀行代理業の顧客向けサービス開始
7月 社団法人日本経済団体連合会への入会
6月 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となる
日本格付研究所による当社格付け見直し(格上げ)
5月 外国為替保証金取引の開始
1月 金融先物取引業の登録
2006年(平成18年)
12月 三菱東京UFJ銀行を所属銀行とした銀行代理業の許可取得について
9月 夜間取引市場「kabu.comPTS」サービス開始、株価指数「kabu.comPTS指数」の公表
8月 金融機関初、ITサービス管理の国際規格「ISO/IEC20000-1:2005」認証を取得
国内証券初、ISMSの国際規格「ISO/IEC27001:2005」認証取得
7月 「日経225mini先物取引」開始、日経225先物の手数料値下げ
UFJニコスと証券仲介サービス開始
5月 株式会社日本格付研究所(JCR)より短期優先債務格付J-2取得
4月 株式会社日本格付研究所(JCR)より長期優先債務格付BBB+取得
3月 信用手数料の改定、長期信用取引の開始
2月 株価指数先物取引の手数料値下げ
1月 株式会社三菱東京UFJ銀行(旧株式会社東京三菱銀行顧客向け)と「インターネット証券仲介」を開始
三菱UFJ証券の子会社『Meネット証券株式会社』と合併
2005年(平成17年)
12月 ネット証券初、自動売買(±指値 ®、W指値 ®)に関する特許権を取得
11月 「TOPIX先物取引(東証)」の開始
10月 特定正会員に加入した札幌証券取引所、単独上場銘柄の取引開始
9月 株主優待開始:当社株式の保有株数と保有期間に応じて購入翌月から現物株式手数料が割引に
8月 四半期毎の「カブ四季総会」を開始
7月 UFJ銀行とカブドットコム証券、「インターネット証券仲介」を開始
6月 月々1万円からの株式投資「プチ株 ® つみたて」サービス開始
5月 「株主推進割引」「シニア割引」2つの現物株式手数料割引プランを新設
3月 東京証券取引所第一部に上場
2004年(平成16年)
10月 「プチ株 ® 」取扱い開始
7月 一般信用取引取扱いを開始
6月 指名委員会等設置会社への移行と齋藤正勝が代表執行役社長に就任
(平成18年4月末までは委員会等設置会社、平成27年4月末までは委員会設置会社)
3月 国内証券会社初「ISMS適合性評価制度(Ver2.0)」と「BS7799-2:2002」認証取得
福岡証券取引所の特定正会員に加入
1月 ネット証券初、リアルタイムSPAN®対応 株価指数先物取引開始
2003年(平成15年)
4月 株価指数オプション取引開始
オンライン証券初の「ISO9001(2000年版)」取得
2002年(平成14年)
12月 顧客向け全電子報告書に電子透かし技術による「電子証明書発行機能」を追加
11月 国内証券初「SLA(サービス品質保証制度)」の導入
5月 信用取引取扱い市場に「JASDAQ」と「ナスダックジャパン」を追加
2月 「リスク管理追求型」信用取引の開始
UFJキャピタルマーケッツ証券と新規公開株式等の委託販売について業務提携契約締結
2001年(平成13年)
7月 個人情報管理世界基準の「TRUSTeシール」を国内企業として初めて取得
4月 「カブドットコム証券」サービス開始(合併期日)
2000年(平成12年)
11月 イー・ウイング証券と日本オンライン証券とで合併検討を合意
2000年(平成12年)
eウィング証券
2000年(平成12年)
日本オンライン証券株式会社
11月   国内初「リレー注文®」受注開始
「第1回日本ネット金融サービス大賞奨励賞」受賞
10月 新規公開株などの募集・売出株式の販売開始  
9月   社団法人日本オフィスオートメーション協会(現・社団法人企業情報化協会)より「平成12年度OAテクノロジー賞」受賞
8月   iモード公式メニューとして登録
7月 携帯電話での取引開始  
6月   国内初「逆指値注文」受注開始
5月    
4月 サービス開始  
3月 口座開設受付開始  
2月 証券業登録(関東財務局長(証)第161号) サービス開始
1999年(平成11年)
eウィング証券
1999年(平成11年)
日本オンライン証券株式会社
12月 「イー・ウイング証券株式会社」に商号変更  
11月 三和銀行「イー・サンワ証券株式会社」設立  
10月   口座開設受付開始
9月   証券業登録(関東財務局長(証)第155号)
8月    
7月   「日本オンライン証券株式会社」に商号変更
6月   kabu.comドメインを大西光英氏のご厚意により譲渡
4月   伊藤忠「日本オンライン証券設立準備会社」設立
  • 2015年6月30日現在

ページの先頭へ戻る