取扱商品

  1. 2016年7月19日(火) 大阪取引所次期デリバティブ売買システム(次期J-GATE)稼動のご案内

2016年7月19日(火)大阪取引所次期デリバティブ売買システム(次期J-GATE)稼動のご案内
~取引時間の拡大や新商品導入など取引制度の一部見直しがおこなわれます~

2016年7月19日(火)(予定)より、大阪取引所において次期デリバティブ売買システム(次期J-GATE)が稼動します。

今回のシステム更改に伴い、取引時間の拡大や「東証マザーズ指数先物」などの新商品の導入など、取引制度の一部見直しがおこなわれます。

取引制度の変更のポイントや、お客さまへの影響などについて以下のとおりご案内いたします。

  • 次期デリバティブ売買システム(次期J-GATE)稼動に伴い、7月15日(金)の夜間立会いは行われません。
    そのため、15日のナイトセッションを指定した発注は失効となります。(日通し注文の場合、日中取引終了後の失効となります。)
    また、システム切替のため、ログイン不可となる時間帯を予定しておりますが、詳細につきましては確定次第、別途ご案内させていただきます。

次期J-GATEの制度変更のポイント

  • 先物・オプションの取引時間の拡大
  • 新商品「東証マザーズ指数先物」の取扱い開始
  • ノンキャンセルピリオド(NCP)の導入

お客さまへの影響について

  • kabuステーションの推奨OS環境の変更(一部OSでの起動不可)
  • 一部サービスの終了

次期J-GATEの制度変更のポイント

  • Point 1先物・オプションの取引時間の拡大

次期J-GATE稼動後、当社取扱い商品の取引時間が以下のとおり変更となります。

  • 先物取引の日中立会の開始時刻が、9時→8時45分に前倒しされます。
  • 先物取引とオプション取引のナイトセッションが、翌3時→翌5時30分に延長されます。
  • 日経VI先物の取引時間のみ取扱いが異なり、日中立会は変更なし(9時~15時15分)、ナイトセッションが追加(16時30分~19時)となります。
  • Point 2新商品「東証マザーズ指数先物」の取扱い開始

当社では、次期J-GATE稼働日より「東証マザーズ指数先物」の取扱いを開始します。

東証マザーズ指数先物の概要

対象指数 東証マザーズ指数
取引時間 日中 オープニング 8時45分
レギュラーセッション 8時45分~15時10分
クロージング 15時15分
夜間 オープニング 16時30分
レギュラーセッション 16時30分~翌5時25分
クロージング 翌5時30分
限月 3月、6月、9月、12月のうち直近5限月
取引単位 東証マザーズ指数×1,000円
呼値の単位 0.5ポイント
  • 東証マザーズ指数先物の詳細は、日本取引所グループのWEBサイトにてご確認ください。
  • 同時上場する「FTSE中国50先物」、「台湾加権指数先物」、「JPX日経インデックス400オプション」の当社での取扱いは、現時点では未定です。
  • Point 3ノンキャンセルピリオド(NCP)の導入

先物取引の一部商品について、寄付きおよび引け(日中立会いの引けは除く)の板寄せの直前に、訂正・取消し注文を原則受け付けない時間帯(ノンキャンセル・ピリオド:NCP)が導入されます。

NCPの対象商品 日経225先物、日経225mini、TOPIX先物
  • ミニTOPIX先物は、NCPの対象外です
NCPの対象時間
  • 8時44分~8時45分
  • 16時29分~16時30分
  • 翌5時29分~5時30分

ノンキャンセル・ピリオドの対象時間

その他の取引制度の変更の詳細は、日本取引所グループのWEBサイトにてご確認ください。

お客さまへの影響について

  • 1.kabuステーションの推奨OS環境の変更

2016年7月18日(月)以降、kabuステーションの推奨OS環境を以下とさせて頂きます。

WindowsVista(SP2)、Windows7(SP1)、Windows8.1、Windows10 以外では、kabuステーションが起動できなくなりますので、予めご利用環境のご確認をお願いいたします。

次期J-GATE以降のkabuステーション推奨OS環境

WindowsVista(SP2)、Windows7(SP1)、Windows8.1、Windows10

  • Windows8は推奨環境ではありません
  • 上記の推奨環境を満たしていても、事前に「.NET Framework4.5.2」がインストールされている必要があります。
  • 事前に「.NET Framework4.5.2」がインストールされていない場合、Vista(SP2),win7(SP1), WIn8.1は、アップデートが失敗する可能性があります。
  • kabuステーションを起動したままの状態でも、強制再起動となりますのでご注意ください。
    なお、「.NET Framework4.5.2」は以下のサイトにてダウンロード・インストール可能です。(Microsoftのページにジャンプします)
    ⇒ https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=42643
    ただし、適用の際、必要なパッチ・Hotfixが適用されていない等、システム要件を満たしていない場合、Windowsアップデートを行い、改めてインストールいただく必要があります。
  • kabuステーションの推奨環境の詳細は、こちらをご覧ください。
  • 2.一部サービスの終了

2016年7月18日(月)をもって、「オプションシミュレーター」のご提供を終了いたします。長らくのご利用、ありがとうございました。

まずは無料で口座開設

口座開設

カブコムがお客さまから選ばれる6つのポイント

ページの先頭へ戻る