取扱商品

  1. ホーム > 企業・IR情報 > プレスリリース > 2014年注目の新株価指数「JPX日経インデックス400」のETFがフリーETFに

2014年注目の新株価指数「JPX日経インデックス400」のETFがフリーETFに
~ 現物/信用手数料がいつでも無料/NISA向けから外株・VIXのETFなど充実の12本 ~

[お知らせ]

カブドットコム証券株式会社は、2014年2月6日(木)に東京証券取引所上場予定の「MAXIS JPX日経インデックス400上場投信」を、上場初日から「フリーETF※」の対象銘柄といたします。

これにより「フリーETF」対象銘柄は、既存11銘柄に加え計12銘柄となります。ETFは、2014年より開始されたNISA(少額投資非課税制度)の投資対象商品であり、当社は個人投資家の重要な資産形成商品としてETFの商品・サービス拡充を図るとともに、今後も様々なアセットクラスの「フリーETF」を拡大していく予定です。

  • 「フリーETF」とは、2010年6月18日のサービス開始以来、多くの投資家の皆さまにご利用いただいております、特定のETF(上場投信)の売買手数料(現物/信用)を無料とするサービスです。

新規追加のフリーETFのインデックスは、2014年算出開始された注目の株価指数「JPX日経インデックス400」

「JPX日経インデックス400」は、2014年1月6日(月)より算出開始された新しい株価指数です。原則400銘柄で構成し、3年平均ROEや3年累積営業利益などでスコア付けするなど、投資者にとって魅力の高い会社を選定した指標です。

MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(銘柄コード:1593)

投信会社 三菱UFJ投信株式会社
商品分類 追加型/国内/株式/ETF/インデックス型
上場予定日 2014年2月6日(木)
基本方針 対象指数(JPX日経インデックス400)と連動した投資成果をめざして運用を行います
決算日 毎年1・7月の各16日
信託報酬 純資産総額の年0.078%以内

「フリーETF」サービス概要

サービス名称 フリーETF(手数料無料のETF)
対象銘柄 当社が定める ETF(上場投信)
対象取引 現物取引、信用取引
手数料
(税込)
無料
(取引チャネル、注文方法に関わらず)

「フリーETF」サービス概要

「フリーETF」専用ホームページ

当社は、「フリーETF」サービスの提供を通じて、様々な投資家のニーズにマッチする利便性の高い金融商品であるETF(上場投信)を、幅広いお客さまに知っていただけるよう、「フリーETF」専用のホームページでご案内しております。

  • 取扱予定は事務手続きなどの都合により変更する場合がございます。取扱日程、銘柄などの変更があった場合、当社ホームページにて告知いたします。

ご参考

現在取扱い中の「フリーETF」対象銘柄

ファンド名 コード 取引所 投信
会社
売買
単位
手数料  
MAXIS
トピックス・コア30
上場投信
1344 東証 三菱UFJ投信 10株 無料 TOPIX Core 30に連動する投資成果を目的とするETF
MAXIS
日経225上場投信
1346 東証 三菱UFJ 1株 無料 日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目的とするETF
MAXIS
トピックス上場投信
1348 東証 三菱UFJ 10株 無料 東証株価指数(TOPIX)に連動する投資成果を目的とするETF
MAXIS
海外株式(MSCIコクサイ)上場投信
1550 東証 三菱UFJ 10株 無料 円換算したMSCI Kokusai Index(MSCIコクサイ インデックス)との連動を目指すETF
国際のETF VIX
短期先物指数
1552 東証 国際 1株 無料 円換算した「S&P500 VIX短期先物指数(トータル・リターン指数)」を対象株価指数とし、連動を目指すETF
ABF汎アジア債券
インデックス・ファンド
1349 東証 SSgA 1株 無料 「iBoxx ABF汎アジア指数」を対象指数とし、連動を目指すETF
MAXIS
S&P東海上場投信
1553 名証 三菱UFJ 10株 無料 「S&P 日本地域別指数-東海-」を対象指数とし、連動を目指すETF
SPDR® S&P500®ETF 1557 東証 SSgA 1株 無料 「S&P500指数」を対象指数とし、連動を目指すETF
国際のETF VIX
中期先物指数
1561 東証 国際 1株 無料 円換算した「S&P500 VIX中期先物指数(トータル・リターン指数)」を対象株価指数とし、連動を目指すETF
MAXIS トピックスリスクコントロール(5%)
上場投信(愛称:NISA向けリスコン5)
1567 東証 三菱UFJ 10株 無料 対象指数(TOPIXリスクコントロール指数(ボラティリティ5%))の値動きに連動する投資成果を目指すETF
MAXIS トピックスリスクコントロール(10%)
上場投信(愛称:NISA向けリスコン10)
1574 東証 三菱UFJ 10株 無料 対象指数(TOPIXリスクコントロール指数(ボラティリティ10%))の値動きに連動する投資成果を目指すETF

新株価指数に連動を目指すインデックスファンドが早くも登場

積立投資に便利な投資信託の「JPX日経インデックス400」もノーロード(お申込手数料:無料)で取扱中です。

ファンド名 JPX 日経400 ノーロードオープン

JPX 日経400 ノーロードオープン

SMT JPX
日経インデックス400・オープン

SMT JPX日経インデックス400・オープン

投信会社 DIAMアセットマネジメント 三井住友トラスト・アセットマネジメント
申込手数料 0%(ノーロード) 0%(ノーロード)

ご参考

2014年スタート NISA(少額投資非課税制度)資料請求 随時、口座開設受付中

20歳以上の居住者なら誰でも使えるお得な証券投資税制

カブドットコム証券では、NISAの口座開設に関する資料請求の受付を行っています。

カブドットコムのNISA口座なら『便利に』『お得に』お取引!!
  1. 売買手数料が安い現物株式、無料のフリーETFも対象
  2. さらに取扱ファンドの半分以上はノーロード(買付手数料無料)
  3. 少額投資に便利なプチ株®、便利な積立投資
  4. もちろんPC・スマートフォンなど、いつでも、どこでも取引可能

kabu.com移動営業所

  • NISA口座開設キャンペーン 500円プレゼント
  • NISA株式買付手数料無料キャンペーン 期間中いつでも何度でも無料
  • キャンペーン詳細は当社WEBにてご確認ください。
  • NISA口座開設には、カブドットコム証券の証券口座を開設いただく必要があります。
  • 現行制度におきましては最初の4年間(2014年1月1日から2017年12月31日)は、他の証券会社や銀行に口座変更や新規開設ができなくなります。また他の金融機関等にNISA口座内上場株式等を移管することはできません。複数の金融機関で申し込まれた場合、最も希望する金融機関でNISA口座が開設できない可能性や、口座開設が大幅に遅れる可能性があります。
  • NISA口座における配当および譲渡所得は課税所得として見なされず非課税となりますが、同様に損失も税務上ないものと見なされます。このため、NISA口座の損失を一般口座・特定口座の所得と損益通算できません。
  • NISA口座の毎年の非課税投資枠は年間100万円です。NISA口座では一度売却するとその非課税投資枠の再利用はできません、また利用しなかった非課税投資枠は翌年の投資に繰り越せません。
  • 配当等はNISA口座を開設する金融機関等経由で交付されないものは非課税となりません。NISA口座で配当等の非課税メリットを享受するためには、NISA口座を開設する金融機関等経由で交付(株式数比例配分方式)する必要があります。
  • 2013年度税制改正法等に基づき記載しておりますが、情報の正確性・完全性について保証するものではありません。また、法令・制度等の内容は変更または廃止される可能性があります。

ページの先頭へ戻る