取扱商品

  1. ホーム > 企業・IR情報 > 顧客投資成績(信用評価損益率)の推移

顧客投資成績(信用評価損益率)の推移

当社は、「リスク管理追求型」というコンセプトを掲げ、「損をしないこと」を重要視するスタイルが「儲かること」に繋がるという認識で、逆指値をはじめとしたさまざまなサービスを提供しております。

カブドットコム証券ではディスクロージャーの一環として、お取引いただいているお客さまの投資成績である信用評価損益率について月次で開示いたします。(信用評価損益率は、相場の動向を示す指標として注目されており、当社のお客さまの投資成績と客観的な比較ができるため用いています。)
なおデータは、東京証券取引所の公表資料から、毎月の週末時点で計算しております。

コメント

10月の東京株式市場は、米国の年内の利上げ観測を受け円安が進行。決算発表を控えて企業業績に対して過度に慎重な見方が後退したことから、月を通して堅調に推移した。

当社の信用評価損益率(買建のみ)は、わずかながら好転。2市場との較差は1ヶ月を通じほぼ横ばいとなり、先月に続き当社優位は変らず、10月の取引を終えた。

信用評価損益率(買建のみ)

10月の評価損益率(買建のみ)(単位:%)

10月の評価損益率(買建のみ)(単位:%)

■当社 ■二市場

信用評価損益率(買建のみ)の推移(単位:%)

信用評価損益率(買建のみ)の推移(単位:%)

10月末時点 ■当社-6.03■二市場-10.48

市場との較差(買建のみ)(単位:%)

市場との較差(買建のみ)(単位:%)

二市場の較差の推移を詳しく見る

【参考】日経平均株価の動き(単位:円)

【参考】日経平均株価の動き(単:円)

日経平均株価の推移を詳しく見る

  • 東京証券取引所公表数値より当社計算
  • 二市場、当社ともに信用評価損益率は以下の数式にて算出
    信用評価損益率=評価損益÷信用建玉残高(買建のみ)
  • グラフは、二市場、当社ともに各週末の信用評価損益率を表したもの
  • 上記データは、一般信用分を含んだデータです。
  • 評価損益率は小数点以下3桁目を、市場との較差のデータは小数点以下2桁目を四捨五入しています。平均株価データのみ小数点以下を四捨五入しています。

信用評価損益率(売買合計)

信用評価は買建ベースを表すのが一般的ですが、当社お客さまの投資成績としてご参考までに売建と買建の合計ベースもご案内いたします。

10月の評価損益率(売買合計)(単位:%)

1月の評価損益率(売買合計)(単位:%)

■当社 ■二市場

信用取引評価損益率(売買合計)の推移(単位:%)

信用取引評価損益率(売買合計)の推移(単位:%)

10月末時点 ■当社-5.94 ■二市場-9.46

市場との較差(売買合計)(単位:%)

市場との較差(売買合計)(単位:%)

二市場の較差の推移を詳しく見る

【参考】日経平均株価の動き(単位:%)

【参考】日経平均株価の動き(単位:%)

日経平均株価の推移を詳しく見る

  • 東京証券取引所公表数値より当社計算
  • 二市場、当社ともに信用評価損益率は以下の数式にて算出
    信用評価損益率=評価損益÷信用建玉残高(売買合計)
  • グラフは、二市場、当社ともに各週末の信用評価損益率を表したもの
  • 上記データは、一般信用分を含んだデータです。
  • 評価損益率は小数点以下3桁目を、市場との較差のデータは小数点以下2桁目を四捨五入しています。平均株価データのみ小数点以下を四捨五入しています。

信用残高推移

10月の当社信用残高推移(単位:百万円)

10月の当社信用残高推移(単位:百万円)

■買建数 ■売建数 ■信用残合計

10月の当社信用残高推移(受渡ベース:単位百万円)
1W 2W 3W 4W
買建残 126,470 127,198 125,812 124,378
売建残 42,794 44,748 47,187 47,601
合計 169,264 171,946 172,999 171,979

信用残高推移

信用残高推移

10月末時点 買建残:124,378 売建残47,601 信用残合計171,979

  • 上記データは、一般信用分を含んだデータです。

カブドットコム証券の「信用取引」

カブドットコム証券の「信用取引」は、お客さまの投資成績を重視した「リスク管理追求型信用取引」。さまざまなリスク管理に役立つサービスで、お客さまのお取引をサポートします。

自動通知サービスは、株価の連絡だけでなく、維持率低下の際にもご案内。保証金が不足したような場合でも、「不足保証金自動振替サービス(リアルタイム口座振替)」なら、保証金不足分を自動計算し、リアルタイムで振り替えます。

そして、逆指値などの自動売買でロスカット(損切り)や利益確定の発注が機動的に行えます。もちろん、kabuステーション®やウルトラチャートなど充実した情報サービスもご用意しています。

返済期間最大3年、売り建ても可能な長期信用取引(一般信用取引)もご利用可能。短期の相場変動に左右されることなく、お客さまのご自身の投資プランにそったお取引が可能です。

信用取引関連情報

信用取引サービス詳細 信用取引の基本的なサービス内容
信用取引お取引ルール 当社の信用取引に関するルール
信用取引を始めるには 信用取引のお申込方法のご案内
WEB審査手順 信用取引のお申込みの際のWEB審査のご案内
信用取引とは 信用取引の特徴をコンパクトにまとめて解説
信用取引の取引手法とは 「つなぎ売り」などの信用の実戦投資手法を解説
一般信用取引とは 一般信用(長期信用)の特徴や制度信用引との違いを解説
便利な機能 取引に役立つ便利な機能をご紹介
お取引時間 お取引時間
顧客投資成績(信用評価損益率)の推移 【毎月開示】当社の信用評価損益率の推移のご案内
信用取引手数料 信用取引手数料のご案内
信用取引Q&A 信用取引に関するよくあるご質問とその答え

用語について

信用取引

お客さまが証券会社から金銭や有価証券を借り受けて売買を行う取引です。具体的には、委託保証金(約定代金の一定比率)を担保として証券会社に預け、所定の期間内に反対売買を行って借り受けた金銭や有価証券を返済する取引となります。

信用評価損益率

信用評価損益率とは、信用建玉について、時価との差額(評価損益)を表す指標で、市場全体の相場の天井底値を示す指標となることがあり注目されています。また売建のほとんどは証券会社等のヘッジとなるため、買建評価損益の度合いを示す場合が一般的です。当社では下記略式の計算式にて算出しています。

評価損益率=評価損益÷信用建玉残高

(評価損はマイナス、評価益はプラスで表示されます。また、評価益の建玉は早やかに返済され「益出し」されることが多いため、信用評価損益率は通常マイナスの評価損の状態が一般的です。)

信用残高

信用取引で返済されずに建玉として残っている残高です。信用残高は株数と金額の両方で表示されますが、当社では金額で表示しております。また、信用残高は信用取引の「売残」と「買残」を総称したもので、「売残」とは未返済の新規売り建玉を「買残」とは未返済の新規買建玉を指します。主に買い残売残も相場動向をみる指標として利用されています。

(2016年11月14日更新)

ページの先頭へ戻る