取扱商品

  1. ホーム > キャンペーン > 東証上場iシェアーズETF キャッシュバックキャンペーン

東証上場iシェアーズETF キャッシュバックキャンペーン

このキャンペーンは終了しました。

第3弾iShares東証上場記念キャッシュバックキャンペーン ~海外債券投資の新たな選択肢~ 注目が集まる高利回り債券等をもっと低コストで!

キャンペーン内容

応募期間 2014年11月19日(水)から2014年12月19日(金)まで
概要 期間中に約定した対象ETFの現物取引(買い・売り)または信用取引(新規建て・返済)の取引手数料を無料とします。
対象ETF
  • iシェアーズ 米国ハイイールド債券ETF(iBoxxドル建てLHYC)(1361東証)
  • iシェアーズ 新興国債券ETF(バークレイズLocal EM国債コア)(1362東証)
  • iシェアーズ 米国債ETF(バークレイズ米10年国債)(1363東証)
注意事項
  • キャンペーン期間は全て約定日にて判定いたします。
  • 対象の取引手数料を2015年1月末までにお客さまの証券口座にキャッシュバックします。お客さまの証券口座毎にキャッシュバック金額は最大10万円が上限となります。
  • キャンペーンの内容は、予告なく変更又は中止となる場合がございますので予めご了承ください。

東証を通じて、注目の外国債券市場へアクセス!
~新規上場銘柄のご紹介~

2014年11月19日、「iシェアーズETF 東証上場シリーズ」に、注目の米国高利回り社債など外国債券を投資対象とする3銘柄が新たに加わります。
相対的に高い利回りが期待される債券カテゴリーに、東京証券取引所を通じて「円」で日本株と同じようにお取引が可能で、外国債券への分散投資をより効率的に、より手軽に行うことが可能になります。
今回の3銘柄は、債券投資において重視される保有コストが、投資信託よりも大幅に下回っています*。長期保有の場合、保有コストは投資パフォーマンスに大きな影響を与えます。つまり、より低水準な保有コストの追求は、より高い投資成果を目指す上で考慮すべき重要なポイントと言えます。
ETFは一般的に市場全体の動きを示す指数(市場平均)の動きに連動することを目指しており、シンプルでわかりやすいことも魅力です。

  • 上記銘柄は、海外ETFを受託有価証券とする日本型預託証券(JDR)形式で上場されます。ETFの価格が変動する要因や変動の大きさは、各商品及び各商品が連動を目標とする指数等により異なります。JDR形式に関する注意点、ETF投資に関する手数料・リスク等についてはページ下部の留意事項を必ずお読みください。

米国ハイイールド債 銘柄コード:1361 投資信託でも注目される米国高利回り社債へ投資する iシェアーズ 米国ハイイールド債券ETF(iBoxxドル建てLHYC)

  • 米ドル建てのハイイールド債券(格付け機関による格付けがBB格以下の社債)の値動きをとらえる「Markit iBoxx 米ドル建てリキッド・ハイイールド・キャップト指数」を連動対象とします。
  • ハイイールド債は、高い格付の社債よりも信用リスクが高い一方で、相対的に高い利回り水準が期待できます。

各債券指数の過去5年平均利回り<指数ベース>各債券指数の過去5年平均利回り<指数ベース>

  • 米国ハイイールド債はMarkit iBoxx 米ドル建てリキッド・ハイイールド・キャップト指数、新興国国債はバークレイズ新興市場自国通貨建てコア国債インデックス、先進国国債はS&Pシティグループ・インターナショナル・トレジャリー・ボンド・インデックス(除く米国)、米国債(7-10年)はバークレイズ米国国債(10年ターム)インデックスを使用。2009/10~2014/9の平均
    Markit、バークレイズ・バンク・ピーエルシーおよび関連会社(バークレイズ)、Bloombergのデータを元にブラックロックにて作成
    上記グラフは連動を目指す指数の特徴を説明するために用いた過去のデータであり、当ETFの運用成果を示すものではありません。また、将来の運用成果等を示唆、あるいは保証するものではありません。

新興国国債 銘柄コード:1362 成長が期待される新興国の国債に投資する iシェアーズ 新興国債券ETF(バークレイズLocal EM国債コア)

  • 現地通貨建ての新興国の国債の値動きをとらえる「バークレイズ新興市場自国通貨建てコア国債インデックス」を連動対象とします。
  • 新興国の国債は先進国の国債と比較して、信用格付けが低い一方で、相対的に高い利回り水準が期待できます。
  • 現地通貨建ての債券に投資することから、通貨価値の向上も含めた新興国の成長の恩恵を受けることが期待できます。

新興国国債(現地通貨建て)の累積リターン推移<円ベース>新興国国債(現地通貨建て)の累積リターン推移<円ベース>

  • バークレイズ新興市場自国通貨建てコア国債インデックスを使用し、2009/9/30=100として指数化
    Bloombergのデータを元にブラックロックにて作成
    上記グラフは連動を目指す指数の特徴を説明するために用いた過去のデータであり、当ETFの運用成果を示すものではありません。また、将来の運用成果等を示唆、あるいは保証するものではありません。

米国債 銘柄コード:1363 米ドル投資の新しい選択肢、世界最大の経済大国、米国の国債に投資する iシェアーズ 米国債ETF(バークレイズ米10年国債)

  • 残存期間7-10年の米国債の値動きをとらえる「バークレイズ米国国債(10年ターム)インデックス」を連動対象とします。
  • 米国が発行する国債に対する格付け機関の格付け*は高くなっています。 (*S&P: AA+、Moody's: Aaa 、2014年9月末時点。出所:各格付け機関ウェブサイト)
  • 米ドルへの投資(現金その他の短期金融商品)と比べ、米国債のリスク**を取ることで、上乗せした利回りを追求することが可能です。(**主として金利リスク、信用リスクなど)

米国債(7-10年)の累積リターン推移<円ベース>米国債(7-10年)の累積リターン推移<円ベース>

  • 米国債(7-10年)はバークレイズ米国国債(10年ターム)インデックス、ドル円為替レートはTTMを使用し、2013/9/30=100として指数化。ドル円為替レートは為替リスクのみを反映しており、保有に伴う金利等は考慮しておりません。
    Bloombergのデータに元にブラックロック作成
    上記グラフは過去のデータであり、当ETFの運用成果を示すものではありません。また、将来の運用成果等を示唆、あるいは保証するものではありません。

01保有にかかるコストは低水準

ETFの保有にかかるコスト(総経費率)は、外国債券を投資対象とする投資信託の信託報酬等の平均1.52%(税込み)*と比較して低くなっています。

  • iシェアーズ 米国ハイイールド債券ETF 0.50%
  • iシェアーズ 新興国債券ETF 0.50%
  • iシェアーズ 米国債ETF 0.20%
  • 投資信託の信託報酬等は国内公募追加型株式投信(DC・SMA向け投信、ETF等除く)の2014年9月末時点における単純平均。出所:モーニングスター・ジャパン

02東証上場だから、海外で実績のあるETFが「円」で日本株と同じように取引可能!

  • Point 1日本株のように取引できる
  • 「円」で売買できます。
  • 全国の証券会社で、国内株式と同じようにお取引いただけます。
  • 同売買手数料は、国内株式と同水準です。信用取引や指値注文等、取引の選択肢も豊富です。
  • Point 2いずれも海外で実績のあるETF
  • いずれもロンドン市場に上場している実績のあるETFです。
  • 各ETFの現地ETFの資産残高(2014年9月末時点):
    • 米国ハイイールド債券ETF  10.4億ドル(1,134億円)
    • 新興国債券ETF 19.0億ドル (2,068億円)
    • 米国債ETF  8.3億ドル(900億円) ( )内は1ドル=109円にて換算

リスク・留意事項

重要事項

本資料は日本国内居住者である投資家を対象に、ブラックロック・インクを含むそのグループ会社(以下、「ブラックロック」という。)が運用を行うiシェアーズETF東証上場シリーズに係る基本的な特徴およびリスク等の情報の提供を目的として、ブラックロック・ジャパン株式会社が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。本資料はブラックロック・ジャパン株式会社が信頼できると判断した資料・データ等に本より作成していますが、その正確性および完全性について保証するものではありません。また、本資料は、将来の投資成果を保証・約束するものではなく、その内容は将来予告なく変更されることがあります。iシェアシリーズETF東証上場シリーズは、ブラックロック・グループが運用するETFで、東京証券取引所に上場されている商品の総称です。ブラックロック・グループが設定を行うものと、外国ETF等を受託有価証券とする日本預託証券(JDR)形式で上場されているものの2種類があります。iシェアーズETF東証上場シリーズへの投資による損益はすべて投資家の皆様に帰属します。

リスクについて

iシェアーズETF東証上場シリーズは、投資元本および投資元本からの収益の確保が保証されているものではありません。ETF/JDRの価格変動により投資者は損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。iシェアーズETF東証上場シリーズの価格は、連動を目標とする指数、組入有価証券の価格変動、金利および為替の変動、保有する商品現物の価格変動等ならびにiシェアーズETFの発行者及び組入有価証券の発行者の経営・財務状況の変化ならびにそれらに関する外部評価の変化等により変動します。海外投資は、不利な為替変動、一般に認められた会計原則の相違、他国における経済または政治的不安定により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、債券および債券ファンドの価値は金利の上昇に伴って減少します。特定の地域や分野に特化した投資では、一般に変動が大きくなり、より高い地理的リスクやアセットクラスのリスクにさらされます。エマージング市場は、変動が大きく、取引高が比較的小さいことに加え、同様の要因に関連したリスクも高くなります。iシェアーズETF東証上場シリーズは円建ての金融商品であり、海外投資を行う場合は円と投資対象通貨との間の為替変動が運用成果に影響を与えます。また、日本預託証券(JDR)形式で発行・上場されている場合でも、受託有価証券とする外国ETF等を直接取得した場合と同様に前述のリスクを伴うものであり、JDRの発行・有価証券の受託により何らリスクが軽減されるものではありません。

著作権について

本資料の著作権は、ブラックロック・ジャパン株式会社に帰属し、全部又は一部分であってもこれを複製・転用することは社内用、社外用を問わず許諾されていません。c2014 BlackRock Japan Co., Ltd. All rights reserved. iShares®(iシェアーズ®)およびBlackRock®(ブラックロック®)はブラックロック・インクおよび米国その他の地域におけるその子会社の登録商標です。他のすべての商標、サービスマーク、または登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。

まずは無料で口座開設

口座開設

カブコムがお客さまから選ばれる6つのポイント

ページの先頭へ戻る