取扱商品

  1. ホーム > キャンペーン > グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)1周年記念キャンペーン

グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)1周年記念キャンペーン

このキャンペーンは終了しました。

グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)

SBIアセットマネジメントが提案する4つのインカム収入を持つファンド「グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)(愛称:トリプル・プレミアム)」の設定1周年記念キャンペーンを実施いたします。設定以来、毎月210円の分配金と4つのインカム収入の魅力が話題となり、順調に純資産を増やしてまいりました。

グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)1周年記念キャンペーン

期間 2014年8月1日(金)から2014年8月29日(金)
内容 期間中に対象ファンドを50万円以上ご購入頂いたお客様を対象に、抽選で20名様に現金1万円をプレゼントいたします。なお、抽選権は50万円購入毎に一口とします。
対象ファンド グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)(愛称:トリプル・プレミアム)
  • キャンペーン期間は約定日にて判定し、キャンペーン期間に約定した取引がキャンペーン対象となります。
  • 対象ファンドの約定金額の合計額で判定し、抽選を持って2014年9月末までにお客さまの証券口座の預り金に入金します。
  • キャンペーンの内容は、予告なく変更又は中止となる場合がございますので予めご了承ください。

キャンペーンファンドについて

01設定以来、好調なパフォーマンスと高い分配金

累積投資基準価額は、1年間で13.5%上昇

本ファンドの累積投資基準価額は、2013年6月28日の設定から1年間で+13.5%と、順調に推移しています。
昨年8月に、米国の量的緩和縮小に対する懸念で、新興国通貨をはじめとした世界的なリスク資産回避の動きにより、本ファンドも基準価額が大きく下落しました。
しかし、その後はインカム収入を中心としたパフォーマンスの積上げにより、1年間のトータルパフォーマンスは+13.5%とプラスに転じ、基準価額も安定的に推移しています。

設定来の基準価額の推移

設定来の基準価額の推移

  • データ期間:設定日2013年6月28日~2014年6月30日
  • 基準価額は信託報酬控除後のものです。
  • 累積投資基準価額は税引前分配金を再投資したものとして算出しています。
  • SBIアセットマネジメントが作成。
  • 上記騰落率は過去のものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

魅力的な毎月210円の分配金

設定以来、毎月210円の分配金を投資家の皆様にお支払いしています。

設定来の収益分配金(税引前)の推移

設定来の収益分配金(税引前)の推移

  • 収益分配金は1万口あたり円単位です。原則として、毎月17日(休業日の場合は翌営業日)に収益分配方針に基づき分配を行います。
  • 分配金実績は、将来の分配金の水準を示唆、保証するものではありません。

024つのインカム収入の魅力

4つのインカム収入を合わせると、年率33.09%程度のインカム性収益を実現

本ファンドは主として、外国投資信託証券「CS グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド」への投資を通じて、「グローバル・リートETF※1」と「高金利通貨」という2つの資産への投資を行い、それぞれにカバードコール戦略をとることで、4つのインカム収入を得ています。

ファンドのしくみ

  • ※1米国リートETFと米国外リートETFを合わせてグローバル・リートETFと言います。2014年5月末現在、iシェアーズ®米国不動産ETF、SPDRRダウ・ジョーンズ・インターナショナル・リアル・エステートETFに投資しています。
  • 上記は作成時点での過去の実績等を示したものであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。
  • 1.米ドル建てのグローバール・リートETFに投資します。
    • グローバル・リートETFの配当収入の獲得を目指します。
    • 更に、グローバル・リートETFにカバードコール戦略を付加することで、プレミアム収入の獲得を目指します。
    • カバードコール戦略によるプレミアム収入については、該当ページをご参照下さい。
  • 2.米ドルから高金利通貨への為替取引を行います。
    • 米ドルから高金利通貨への為替取引を行うことで、高金利通貨と米ドルとの金利差のプレミアム収入の獲得を目指します。
    • 更に、高金利通貨にカバードコール戦略を付加することで、プレミアム収入の獲得を目指します。
  • 3.インカム性収益
    • 上記は、いずれも2014年5月末現在。配当利回りは実績、プレミアム収入は年率換算した値です。
    • 配当利回りとは、グローバル・リートETFの配当利回りを指します。
    • 上記の配当利回り、プレミアム収入は、運用管理費用やその他費用等、お客様に信託財産からご負担いただく費用の控除をする前の水準を示したものです。
    • 市況動向によっては上記の通りとならない場合があります。

カバードコール戦略とは

「カバードコール戦略」とは、ある特定の資産の一定以上の値上がり益を放棄する対価として、プレミアムを受け取る取引を言います。

通常の資産の購入の場合
資産を購入すると、価格の値上がりで収益、値下がりで損失が発生します。
通常の資産の購入の場合

カバードコール戦略の場合
カバードコール戦略の場合

  • 1.「一定の価格」は1カ月毎に設定し、プレミアム収入も1カ月毎に獲得します。
    • 本ファンドで対象となる資産は、グローバル・リートETFおよび高金利通貨となります(それぞれを「原資産」と呼びます)。
    • プレミアム収入は、「値上がりが実現する可能性を加味した値上がり益」を放棄する見合いとなりますので、「一定の価格」の価格設定、市場の変動予想等により変動します。
      • 「一定の価格」 ⇒ 高ければ高いほど(放棄する値上がり益は少なくなるため)プレミアム収入は減少。
      • 市場の変動予想 ⇒ 高ければ高いほど(放棄する値上がり益が実現する確率は高くなるため)プレミアム収入は増加。
    • 本ファンドでは、「一定の価格」の設定を原資産価格の100%~105%の間で機動的に運用し、効率的なプレミアム収入の獲得に努めます。
    • 本ファンドでは、原則として保有する原資産の100%に対してカバードコール戦略を実施します。
  • 2.カバードコール戦略は、原資産の購入とコールオプションの売却により構築します。
    • グローバルリート投資においては、グローバル・リートETFの購入と、グローバル・リートETFのコールオプションの売却を同時に行います。
    • 高金利通貨投資では、高金利通貨の購入と、当該高金利通貨のコールオプションの売却を同時に行います。
    • それぞれのコールオプションの売却により受け取る収入が、プレミアム収入となります。

03通貨運用のスペシャリストによる毎月の通貨選定

通貨選定プロセス

ポイント1
通貨運用のスペシャリストである「ミレニアム・グローバル社」の助言を活用することにより、常に魅力ある通貨を選択して投資を行い、収益機会を追求します。
ポイント2
選択通貨を原則として毎月見直すことにより、特定の通貨の利回り低下の影響の軽減を図ります。

通貨選択のプロセス

選択通貨の変遷

選択通貨の変遷および為替レート(対円)推移
選択通貨の変遷および為替レート(対円)推移

  • 為替レートは、設定日前日(2013年6月27日)の選択通貨(対円)の為替レートを100とし、選択通貨が見直された場合は連続した指数となるよう算出しています。

ミレニアム・グローバル社とは

  • ミレニアム・グローバル社は独立系、非上場のカレンシー・マネジメントに特化した為替専業投資運用会社で、1994年にカレンシー・マネジメントのパイオニアであるマイケル・ハットマンにより設立されました。
  • ミレニアム・グローバル社の2014年3月末日現在の運用資産残高は108億ドルです。
  • 様々な投資家の為替市場における投資機会の追求、リスク管理において先進的なカレンシー・マネジメント・ソリューションを提供しています。
  • ミレニアム・グローバル社は10名の投資専門家を含め、40名以上の専門家を抱えています。カレンシー・マネジメントに関連する職員は平均15年以上の経験を有しています。

04ご参考

グローバル・リート指数と代表的な株価指数とのパフォーマンスの比較

各国中央銀行が金融緩和を進める中、各国リートの資金調達環境が比較的良好であることや、国債利回りが大きく低下したことで、グローバル・リートの分配金利回りの魅力が一層高まったことなどが背景となり、2009年前半から他資産に先駆けて上昇しています。

パフォーマンス比較

  • グローバル・リート:S&P グローバルREIT指数(除く日本)、日本株:TOPIX(配当込み)、米国株:S&P500種指数(円換算後、配当込み)、世界株:MSCI世界株(円換算後、配当込み)
  • データ期間:1998年12月末から2014年5月30日(1998年12月末を100として指数化)
  • 出所:クレディ・スイス証券提出のデータを基にSBIアセットマネジメントが作成。
  • 上記は作成時点での過去の実績等を示したものであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。

インカム収入を高める「プレミアム戦略」

通貨選択型ファンドの注意

この投資信託は、通貨選択型投資信託に該当します。
通貨選択型投資信託とは、株式や債券等といった投資対象資産に加えて、為替ヘッジの対象となる円以外の通貨も選択することができるよう設計された投資信託です。

特に次に掲げる事項について十分ご注意ください。

  • 1.投資対象資産が値上がりした場合や利子・配当が支払われた場合は、基準価額の上昇要因となり、逆に、投資対象資産が値下がりした場合には、基準価額の下落要因となること。
  • 2.「選択した通貨」(コース)の短期金利が、投資信託の「投資対象資産の通貨」の短期金利よりも高い場合は、その金利差による「為替取引によるプレミアム(金利差相当分の収益)」が期待できるが、逆に、「選択した通貨」(コース)の短期金利のほうが低い場合には、「為替取引によるコスト(金利差相当分の費用)」が発生すること。
  • 3.選択した通貨」の円に対する為替変動の影響により、「選択した通貨」の対円レートが上昇(円安)した場合は、為替差益を得ることができるが、逆に、「選択した通貨」の対円レートが下落(円高)した場合は、為替差損が発生すること。

お取引に際しては、目論見書に記載されているリスク、手数料等の他、市場変動要因による想定損失額、解約に関する注意等を十分ご確認ください。

まずは無料で口座開設

口座開設

カブコムがお客さまから選ばれる6つのポイント

ページの先頭へ戻る